プログラミング教育において、世界中で使われているScratch(スクラッチ)を教材に採用しています。
初心者でも学習できるよう、動くゲームを真似するといった難易度の低い課題から徐々にクリアし、
最終的にはプロが使用するプログラム言語を使用して、3Dゲームなどが完成できるようになります。

カリキュラムで大事にしていることは、「成功体験」を得ることです。
成功体験を得るために、お子様自身が考える時間を多く設け、「考える力」の育成に重きを置きます。
マウスやキーボード入力の練習にもなりますので、パソコンを使うことに慣れることができます。
※授業で使うノートパソコンは、無料でお貸ししております。もちろん、お家のノートパソコンを使ってもOKです。

こんなお子様におすすめです

  • ゲームが大好き
  • タブレットやスマホで遊ぶのが好き
  • 将来はゲームを自分で作ってみたい
  • 絵が大好きで、自分で書いた絵を動かしてみたい

コース一覧

1. ベーシックコース 小学4年生〜 

Scratchの基本操作を学び、Scratchの操作に慣れることが目標です。
1ヶ月に1本のゲームを作りながら、プログラミングを学んでいきます。
教材のオリジナルゲームをそのまま模倣する形で、パソコンの操作、scratchの操作に慣れていきます。
お子様の進度を見ながら、アドバンスコースへの導入を促します。

2. アドバンスコース 小学5年生〜

Scratchの応用操作を学び、自分で考えたゲームを作成することが目標です。
教材オリジナルゲームの動きをみて、どのように動いているかを考えて、プログラムを作成していきます。
コース後半では自分で考えたゲームを作成していきますが、お子様がどのようなゲームを作りたいか、やりたいか、をベースに実現するまでの考え方、方法をサポートします。
同じコースのお子様と、アイデアや動くゲームを共有しながら、お子様自身のゲームを完成させていきます。

3. エキスパートコース 中学1年生〜

現場のプロも使用するプログラム言語や開発ツールを使って、ゲームを作成します。中学3年生で3Dゲーム製作ができることが目標です。
あくまでお子様のやりたいことに合わせることがベースですので、3Dゲームではなくホームページやアプリケーション製作などにも対応しています。お子様と話し合いながら、どのようなプログラミング言語を使うのか、どのようなものを作るかを決めていきます。また、お子様自身で目標を定めて、スケジュール管理していくという、より実践的な取り組みなっていくのも特徴です。

授業の流れ

1. 操作・アイデア
まずは教材のサンプルを実際に動かして、お子様の想像力をかきたてます。
自分ならではの楽しいゲームのアイデアを練ります。
2. プログラム作成
作成しながら学ぶ実践型のカリキュラム。
「やればできる」という成功体験を子供たちに与え、自信を育みながらプログラミングを身につけます。
3. プログラム改造
プログラムを自分なりに改造。
改造内容をお子様自身が考えることで、考える力を育みます。
4. みんなに発表
クラスメイトのみんなに自分の作品を発表。
学んだことを使える力に変えます。自分なりの意見を持つことで、考える力や人にわかりやすく伝える力、表現力を身につけます。

info@create-school.com052-990-1950受付時間 9:00-18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。